[PR]

 熊本県内の市町村で、被災者支援のための災害ボランティアセンターを開く動きが本格化してきた。

 南阿蘇村社会福祉協議会は20日、社協事務所近くにセンターを開き、ボランティア登録の受け付けを始めた。当面は県民が対象で、初日は60人が登録し、物資の仕分けなどをした。職員の工藤富美代さん(55)は「被災者には地震で家を失った人もいる。被災者に寄り添ってもらえる方に来ていただければ」。問い合わせはセンター(0967・67・2511)へ。

 益城町社協は21日、センターを開く。200人程度での活動を想定し、午前9時集合で仕事を割り振って避難所に派遣する。問い合わせはセンター(096・289・6090)へ。熊本市では22日にセンターが開設予定で、問い合わせは市社協(096・288・2748)へ。

こんなニュースも