[PR]

 東北電力は21日、女川原発2号機(宮城県)と東通原発(青森県)の重大事故時の拠点施設について、当初予定していた免震構造ではなく、耐震構造に変更すると発表した。東北電は「実績や技術的知見が豊富な耐震構造に見直した」と説明している。

 21日にあった原子力規制委員会の審査会合で、東北電が明らかにした…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも