[PR]

 自民、公明両党と民進党がそれぞれ提出した衆院選挙制度改革法案が22日、衆院本会議で審議入りした。いずれも「一票の格差」是正のために定数配分を見直すアダムズ方式と定数10減を盛り込んだが、同方式の導入時期が焦点となる。2020年の国勢調査後に導入する自公案が成立する見通しだが、野党は「違憲状態が当面…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも