[PR]

 (1951年)

 石臼に入った薄桃色の魚のすり身約90キロが、3本の金属棒でゆっくりと練り上げられていく。そばで見守る白衣の従業員が時折手を入れ、感触を確かめる。

 「材料の状況で配合や塩を入れるタイミング、練り時間などを変える。均質の商品を作るには技術が必要なんです」。愛媛県八幡浜市の食品会社…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら