[PR]

 熊本県などでの一連の地震で、被災者向けに全国の自治体が提供している公営住宅への入居決定者が、九州内に集中していることがわかった。国のまとめで、入居が決まった443戸のうち、九州7県が378戸と9割近くを占めていた。広域避難の受け皿づくりが進む中、近い地域にとどまろうとする被災者の動向がうかがえる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも