[PR]

 中国外務省の洪磊副報道局長は4日の定例会見で、岸田文雄外相の東南アジア歴訪中の南シナ海をめぐる発言に「日本は域外国にもかかわらず執拗(しつよう)にこの問題で存在感を示そうとしている」と反発した。日中外相会談で関係改善に向けた対話継続を確認したが、中国は南シナ海問題を日中間の新たな「火種」とみて、日…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも