[PR]

 「パナマ文書」の問題を受け、日本や米国など主要7カ国(G7)が、26日開幕の首脳会議(伊勢志摩サミット)で租税回避対策を首脳宣言の重要課題と位置づけ、付属文書に盛り込むことを検討していることがわかった。

 G7はマネーロンダリング(資金洗浄)や新興国の汚職対策として、「腐敗対策の行動計画」を付属文…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも