[PR]

 ■1989年・決勝

 十回表1死二、三塁。心も体も限界にきていた仙台育英の大越が、帝京の最強打者に立ち向かう。初球は鹿野(しかの)の内角低めに直球。変化球狙いの鹿野は動かない。ストライク。ナイスボールだ。敬遠も考えていた竹田監督は「もう1球見よう」となった。

 三塁への緩い牽制(けんせい)球を挟み…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも