[PR]

 大リーグ機構は10日、薬物規定違反のため、ロイヤルズのラウル・モンデシー内野手(20)に50試合の出場停止処分を科したと発表した。ドーピング検査で筋肉増強作用のあるクレンブテロールが検出されたが、服用した風邪薬に含まれていたと認定され、処分は80試合から短縮された。モンデシーは、ドジャースで野茂英…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも