[PR]

 温かいごはんをみんなでわいわい食べよう――。経済的な事情で食事が十分にとれなかったり、独りで夕食をとっていたりする子どもたちに、無料か格安で食事を提供する「子ども食堂」が全国で急速に広まっている。子どもだけでなく、大人も含めた地域の居場所を作ろうとする新たな動きも出てきた。

 「給食が1日の栄養源」「親が夜も働き、夕飯は1人でコンビニ弁当」。「子ども食堂」は、そんな子どもたちに食事を提供する場所だ。首都圏を中心とする「こども食堂ネットワーク」に参加する食堂は、昨年4月の7カ所から今年4月には63カ所に急増。全国では100以上あるとみられる。

 多くはNPOやボランティアが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら