[PR]

 いま平成歌舞伎の大名題は豊かな稔(みの)りの季節を迎えている。その後を誰が継いでいくのか。

昼「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」で吉右衛門の石川五右衛門は、南禅寺山門の高みから一睨(にら)みで客を掌(たなごころ)に収めてしまう。そこへ菊五郎の久吉が現れる。これだけの大舞台はいつまた見られるであ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも