[PR]

 国から地方への権限移譲を進めるため、職業安定法など15の法律の見直しを盛り込んだ「第6次地方分権一括法」が13日の参院本会議で可決、成立した。地方自治体が無料の職業紹介事業をする際に義務づけられている国への届け出の廃止など、地方が事業をしやすくして「地方版ハローワーク」の創設を後押しすることが柱…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも