[PR]

 盟主中村梅之助を失った前進座が、先代河原崎國太郎が演じて以来34年ぶりに「東海道四谷怪談」に挑む。約4時間半の意欲作で、昨今では珍しく「三角屋敷」と「夢の場」を出すため、他の場面を大幅に刈り込みながら原作を生かそうとする苦心の補綴(ほてつ)(小野文隆台本)。

 久方ぶりの上演なので、見覚えた記憶で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも