[PR]

 「一票の格差」是正と議員定数の10減を柱とする衆院選挙制度改革の関連改正法が20日成立した。都道府県の人口比で定数配分する「アダムズ方式」が導入され、最高裁が「違憲状態」と判断した格差は2倍未満に抑えられることになった。ただ、人口の減少や都市集中が進むなか、「国民の代表」の選び方や定数をめぐる議論…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも