[PR]

 一連の熊本地震では人々の暮らしを支える物流にも大きな影響があった。生活の拠点となる地元のスーパーは、どう対応したのだろうか。

 熊本県益城町の中心部にあるスーパー「よかもんね!」ましき店。最初に震度7の揺れが同町を襲った4月14日夜、西田清孝店長(48)は2日後の着任予定を前倒しして駆けつけた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも