[PR]

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、障害者らによる芸術作品などを指す「アール・ブリュット」が脚光を浴びている。常識にとらわれない自由な表現が魅力だが、受けとめ方には課題もある。

 展示室を埋め尽くす500枚近い絵は、異世界の設計図のようだ。船や車などの断面図が、方眼紙に定規とコンパスで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも