[PR]

 誰かから強制されなくても、周囲の反応を恐れたり配慮したりして、表現を変えてしまう。そんな「規制」のありようを、様々な現代アートの作品を通じて考えようという東京都現代美術館(江東区)の企画展「キセイノセイキ」が、先月29日に閉幕した。美術館にとって、自己批評的とも言えるテーマを扱った意欲的な取り組み…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも