[PR]

 民進、共産、社民、生活の党と山本太郎となかまたちの野党4党の党首らは7日、学生団体のSEALDs(シールズ)メンバーや学者らでつくる「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)と参院選に向けた政策協定を結んだ。安全保障関連法の廃止などを盛り込み、無党派層への支持拡大をめざす。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも