[PR]

 新ボロービチ村で、ある家族と親しくなった。

 1990年6月に初めて村を訪れたとき、スベトラーナ・カリストラトワは42歳で、村長を務めていた。再婚したばかりの夫ユーラは30歳、次男ボロージャは11歳。

 スベトラーナは陽気で行動力にあふれ、住民の生活向上に奔走していた。

 村はチェルノブイリ原発事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも