[PR]

 首の手術痕を隠すため、襟の高い服を着ていた。2006年3月、ベラルーシ南東部の都市ゴメリのゴメリ医科大学で、がんで甲状腺を摘出した医学生6人に話を聞いた。

 マリーナ・イワンチコワ(当時22)は、2歳でチェルノブイリ原発事故に遭い、10歳で手術を受けた。「プールにいる私を見て、母が『のどが腫れてい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも