[PR]

 東芝は3月、新たな事業計画を公表し、半導体部門を、引き続き原発などの重電部門と並ぶ収益の柱に掲げた。その稼ぎ頭のNAND型フラッシュメモリー事業は昨秋、売却話に揺れていた。

 NAND型は、スマートフォンの記憶媒体などに使われる。今後は大型コンピューターのハードディスクも置き換える可能性がある成長…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら