[PR]

 国土交通省は17日、東京都心の低空を飛んで羽田空港の国際線の発着便を増やすと、経済効果が「年6500億円」になるとの試算を発表した。旅客数が5割以上伸び、訪日客の消費や関連事業の雇用増が見込めるという。騒音への懸念が強いなか、メリットを示して新ルート解禁への理解を得たい考えだ。

こんなニュースも