[PR]

 ロッテ打線の粘りが、巨人の菅野を今季最短の六回降板に追い込んだ。一回、先頭の細谷が9本のファウルで12球を投げさせるなど、追い込まれたらとことん粘った。「前に飛ばなかっただけ。でも、球数を投げさせれば、後ろの打者も球筋が見られると思った」と細谷。菅野は五回で100球を超えた。

 四回にナバーロ、六…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも