[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設問題で、国の第三者機関「国地方係争処理委員会」は17日、判断を避けた上で政府と県にさらなる協議を求めた。ただ、辺野古の海を埋め立てるための是正指示の効力は保たれるため、県は新たな訴訟を起こすかどうか対応を迫られる。▼3面参照

 委員会は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも