[PR]

 原発事故をめぐる東京電力の第三者検証委員会の報告書について、当時官房長官だった民進党の枝野幸男幹事長は17日、「党への信用毀損(きそん)で選挙妨害の疑いもある」とし、法的措置を検討することを明らかにした。第三者委が東電以外の関係者への聞き取りをせず、東電が炉心溶融(メルトダウン)を認めなかった背景…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも