[PR]

 第三章に苦沙弥が旧友の曾呂崎天然居士の墓碑銘を書いて死者に生命を吹き込もうとした場面がある。「空間に生れ、空間を究(きわ)め、空間に死す。空たり間たり天然居士噫(ああ)」――銘の完成後も曾呂崎への思いは語られていく。モデルの米山保三郎(1869~97)は、漱石に英文学への進路変更を促した哲学青年で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも