[PR]

 ■「このまま帰ったら何にもならねえ」。意を決した老漁師3人、県庁へ向かう。

 宮城県漁協は震災の1カ月後、県の内外で避難生活を送る1万300人の組合員に、漁業を続けるかどうかを聞いている。

 6割超が「続けたい」と答えた。

 水産は被災地の主産業であり、行政が見捨てることはあり得ない。桃浦でも、浜…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも