[PR]

 <Q>掃部(かもん)良太さん(福島市 19歳 大学1年)

 東日本大震災から5年3カ月が経ち、福島市内の仮設住宅は傷み始めています。これまで選挙期間中、多くの政治家が「福島の復興」を公約に掲げてきたと思いますが、何が「復興」と考えればいいのでしょうか。

    ◇

 <A>平田オリザさん(劇作家)

 道や建物ができた、人が戻ってきた。それだけでは復興とは言えないでしょう。一番厄介なのが、コミュニティーの寸断。これが回復したときこそが「復興」です。

 福島県内でも家に帰れない人が…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも