[PR]

 人は「理解しえない他者」とどう向き合うのか、懐疑的精神で考え続けた。

 人は「未知なる存在」に出会ったとき、どうふるまうのか、ふるまうべきなのか。答えを知りたいとき、没後10年を迎えた作家スタニスワフ・レムの小説は多くのヒントを与えてくれる。1950年代末から60年代にかけて発表されたSF三部作…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも