[PR]

 (昭和47年)

 スピーカーから聞こえてくるワライカワセミのけたたましい鳴き声は、ラジオ・オーストラリア日本語放送の始まりを告げる。BBCは、英国会議事堂の時計塔ビッグベンの鐘の音が合図だ。

 短波を少しでも感度良く受信しようと、ダイヤルを回して周波数を調整する。それでも音声は、ひずみながら強弱し、雑音に負けないように耳を澄ます。「宝探し」のようなワクワク感があった。

 1970年代に起きた海外短波放送を受信する「BCL」ブーム。その中心は当時の小中高校生だった。

 「(帰国すると)秋葉原のラジ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら