[PR]

 米軍基地の移設問題に直面する沖縄選挙区(改選数1)。公示前に女性殺害・遺棄事件で元米兵が逮捕され、県内は衝撃に包まれた。だが、閣僚の自民現職はあえて基地を語らず、無所属の新顔も身内に温度差を抱える。日米同盟の負の側面にさらされる基地の島で、議論はかみ合わない。

 「沖縄の選挙は、基地か経済かの二者択一傾向が強いが、私は暮らしを良くすること第一でやってきた」。6月29日夜、那覇市の屋内運動場。自民現職の島尻安伊子(あいこ)・沖縄北方担当相は「主婦目線」を演出する赤いエプロンを身にまとい、約3千人の聴衆に訴えた。経済振興への取り組みを繰り返し、基地問題には踏み込まなかった。応援の議員らは、島尻氏が沖縄関連で予算を獲得してきた手腕を口々にたたえた。

 台所から政治を変える――。そんなスローガンを掲げ、9年前の補選で初当選した。基地や安全保障の問題と距離を置き、「生活重視」をアピールする狙いがあった。だが、島尻氏の思惑とは裏腹に、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題は争点になり続けた。

 ■辺野古触れず

 民主党政権だった2010年の参院選では、普天間の「県外移設」を唱え再選。12年末に自民が政権に復帰すると、辺野古容認に回帰した。今回の参院選は、「辺野古阻止」を掲げる翁長雄志(おながたけし)知事が推す元宜野湾市長で無所属の伊波(いは)洋一氏との全面対決となった。島尻氏は「辺野古」には極力触れず、沖縄振興の実績を前面に掲げる。

 5月中旬、うるま市の女性の死体遺棄容疑で元米兵が逮捕されると、県内の反基地ムードが一気に高まった。自民県連の幹部は「『基地容認だからこんな事件が起こる』と言われる。島尻のせいになる」。島尻氏に近い中山義隆・石垣市長も「争点は基地一点だけだと思う。厳しい戦いになる」との見方を示す。

 6月26日、菅義偉官房長官が沖縄を訪問し、那覇市内のホテルに経営者や地方議員、首長らを集めた。「何としても閣僚を落とすわけにはいかない」とげきを飛ばした。同じ頃、島尻氏は選挙カーに乗って雨の降る街頭を演説して回っていた。島尻氏の陣営は「あえて菅氏とのツーショットを避けた」と解説する。辺野古移設の旗振り役の菅氏が島尻氏と顔をそろえると、基地反対の県民感情を刺激しかねない。陣営は、島尻氏を基地や安保の問題から切り離すのに懸命だ。

 安倍晋三首相も23日、沖縄の戦没者を悼む「慰霊の日」の追悼式に出席するため沖縄を訪れたが、滞在時間は4時間弱。島尻氏の応援に入ることはなかった。

 ■「オール沖縄」

 「大臣をノックアウトすれば、安倍政権のノックアウトにつながる。何としても勝ち抜こう」。1日夕、那覇市中心部の県庁前。伊波氏は共産の志位和夫委員長、生活の小沢一郎代表ら共闘する4野党の幹部と並んで声を張り上げた。

 伊波氏は、03年から7年間、普天間がある宜野湾市で市長を務めた。04年には市内の沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落し炎上する事故が起き、普天間の国外移設を強く求めてきた。今回の参院選で、伊波氏を擁立したのは翁長知事を支えるグループ「オール沖縄会議」。保守寄りの企業から社民、共産まで幅広く「辺野古阻止」一点でまとまる。

 翁長氏周辺には「革新色の強い伊波氏が幅広い支持を得られるのか」と不安視する声もあった。だが、元米兵による死体遺棄容疑事件で空気は一変した。6月初めの沖縄県議選では、知事派が過半数を獲得。オール沖縄会議が19日に主催した県民大会には、6万5千人(主催者発表)が集まった。陣営幹部は「動員力は高まっている」と手応えを語る。

 伊波氏の基地問題の公約は「辺野古移設反対、普天間閉鎖、(輸送機)オスプレイ配備撤回」の3点。陣営内の保守層に配慮し、持論である日米安保体制への批判は封印。お互いに持論を腹八分ならぬ「腹六分」に抑えるのが翁長氏の戦略だった。

 ■陣営に温度差

 ところが、事件後の県内の反基地感情の高まりとともに、抑えてきたはずの「全基地撤去」や「海兵隊撤退要求」といった強硬な意見がオール沖縄会議の中から出始め、伊波陣営の中に温度差が生じている。

 翁長氏は県民大会の直後に上京した際、「日米安保は重要だ」と記者団に強調。29日に那覇市であった陣営の会議では、「暮らし、経済、子育て支援。保守や無党派を取り込める話を増やして。基地はもういい」と述べ、演説で基地問題に時間を費やす伊波氏にクギを刺した。

 基地問題を避けようとして逃れられない島尻氏。強調するほど足元が揺らぐ伊波氏。県議の一人は「どっちもねじれている。基地ゆえのジレンマさ」と話す。

 (岡田玄、山岸一生、山下龍一)

 =おわり

 

 ■沖縄(改選数1)

金城竜郎  52 諸新    幸福実現党員

島尻安伊子 51 自現(2) 沖縄北方相〈公〉

伊波洋一  64 無新    〈元〉宜野湾市長

 (敬称略。〈 〉内は推薦)

 

こんなニュースも