[PR]

 1972年3月30日、長沼裁判の第18回口頭弁論は、元陸軍中将で戦後は平和運動に進んだ遠藤三郎への尋問が続いた。

 原告弁護団の内藤功(85)が憲法第9条を含む護憲運動を始めた時期を問うと、遠藤は「朝鮮戦争がぼっ発いたしまして、日本に再軍備の気配が起(おこ)ったときから、この憲法を守ることをやらな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも