[PR]

 《ふらんすへ行きたしと思へども

  ふらんすはあまりに遠し》

 萩原朔太郎が遠い「ふらんす」への憧れをこのように歌い上げた詩集を出したのは、大正時代末年、西暦で言えば、第1次世界大戦が終わって、「狂乱の時代」と呼ばれた一九二〇年代中頃のことである。

 朔太郎の詩に強く惹(ひ)かれていた学生の頃…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも