[PR]

 ■歴史を見つめる「廃材」

 日曜の昼下がり、近所の子どもたちが高さ5メートル、幅6メートルの鉄製の彫刻のもとで遊んでいた。彫刻家・向井良吉(1918~2010年)の作品だ。

 かつて、宇部市は炭鉱の町だった。昭和中期に工業化が進むと、煤塵(ばいじん)による大気汚染が広がり、公害問題が深刻になった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも