[PR]

 ◆ラウル・デュフィ「旗で飾られた通り」(1906年)

 パリの近現代美術の殿堂、ポンピドゥー・センターの所蔵品によってフランス20世紀美術の軌跡をたどる展覧会は、このカラフルな油彩画で幕を開ける。革命記念日の7月14日、故郷の町で国旗がはためく様子を描いた。絵の中で旗は大きな面積を占め、デュフィ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも