[PR]

 リオデジャネイロ・パラリンピック日本代表で最高齢の68歳。関西の「卓球マダム」と、タレントで日本財団パラリンピックサポートセンター顧問のマツコ・デラックスさんが語り合った。苦労を乗り越え、その先にあったものとは。(構成・榊原一生 写真・金川雄策)

 ■世界中に増えた仲間

 マツコ(以下、マ) えっ、見えない。68歳には。

 別所(以下、別) 40代に見えますかね?

 マ それはないわ(笑)。だけど、ほんとにお綺麗(きれい)。

 別 好きなことをしているからとちゃいますかね。あと、車いすだから、というのもあります。

 マ どういうこと?

 別 今より障害者への理解が進んでいなかった20年前は、特別な人間とか、汚いもののように思われていました。だから身なりだけでも、と心掛けるようにしているんです。

 マ お化粧もして、髪や爪も綺麗だわ。年を取るとみんな地味になっちゃうけど、逆よね。派手な方がいい。多くの人のお手本になると思うわ。

 別 でも、競技をやっている時は「鬼になれ」と言われています。

 マ 鬼にはなれませんよ。綺麗だから。卓球を始めたのはどうして?

 別 この競技と出会ったのは45歳の時。その数年前に夫に先立たれ、2人の息子を1人で育てていた矢先、骨盤にがんが見つかったんです。2度の手術で一命をとりとめ、リハビリで始めたのがきっかけです。

 マ それからのめりこんだの?

 別 ええ。両足の神経を失って車いす生活となったんですが、卓球に打ち込んでいる間は、夫を失った悲しみや病気のことを忘れることができました。今では車いす生活になったことに幸せを感じています。卓球と出会い、世界中に仲間が増えましたから。

 マ その幸せ、分かる気がする。私はゲイとして生まれてきたでしょう。みんなと違うからこそ得したことや気付けたことがある。人と同じだったらきっと色んなことに気付けなかったと思う。もちろん、つらいと思ったこともあったけど、でも人と違って良かったって、今は思うの。

 ■誰にも負けない努力

 別 苦労を乗り越えたからこその今ですもんね。

 マ そう。縁あってテレビに出させてもらい、好きなことをやらせてもらっている。サラリーマンやOLは毎日の満員電車に揺られ、農家の人だって雨や風の日も畑仕事をして、みんな大変な中で生きている。好きなことをやらせてもらっているんだから、死に物狂いでやらないとダメよね。

 別 私もそう思います。人より頑張らないと。

 マ 勝負に年齢は関係ないと思うけど、相手はみんな若いんでしょう?

 別 強豪の中国は20代、韓国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも