[PR]

 パリのアパルトマンだろうか。女性が背中を見せて湯あみをしている。「すがすがしいエロチシズム」とでも批評すべきなのだろう。でも、そうした客観性を超えた親しさを感じてしまうのだ。郷愁といってもいい。なぜだろう。

 作者のメアリー・カサットは米国生まれで、パリを拠点に活動した女性画家。エドガー・ドガに誘…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも