[PR]

 第155回芥川賞・直木賞は村田沙耶香(さやか)さんの「コンビニ人間」(文学界6月号)と荻原浩さんの『海の見える理髪店』(集英社)に決まったが、選考会では他にも高く評価された作品があった。発表後、選考委員を務めた作家らが経過を語った。

 芥川賞選考委員の川上弘美さんは、選考会の初めから過半数の委員が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも