[PR]

 評論家や美術館の学芸員らで構成する「国際美術評論家連盟日本支部」(峯村敏明会長、会員約180人)が7月24日、公開シンポジウム「美術と表現の自由」を開催した。近年、美術作品などをめぐって「表現の自由」が問われる出来事が目立つ中、会場(定員230人)に入りきれないほどの人が訪れた。

 実行委員長を務…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも