[PR]

 初めての防衛白書を世に出した翌日の1970年10月21日、防衛庁長官の中曽根康弘(98)は、第四次防衛力整備計画(四次防)の概要を自民党の部会で説明した。

 72年度から5年間で総額5兆7千億~8千億円。装備の近代化と増強に注力、完成時で戦車・装甲車1千台、艦艇200隻、航空機900機。特に航空部…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも