[PR]

 AI(人工知能)を題材にした本が、次々と刊行されている。囲碁や将棋のプロ棋士をAIが負かし、AIを使って小説を創作する研究まである昨今。人間の複雑な心のなかを見つめてきた文学者たちは、AIという存在をどう考えているのか。

 ■小説の題材に 人間との境界線、問う

 芥川賞、谷崎潤一郎賞など数々の賞…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも