[PR]

 世界反ドーピング機関(WADA)のニコルズ広報部長は8日、ロシアのドーピング問題で国ぐるみの不正を認定した調査チームの責任者、マクラーレン氏の報告書について「中間報告ではなく、結論は既に出ている」との見解を明らかにした。国際オリンピック委員会(IOC)は7月18日にWADAが公表した報告書を「未完…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも