[PR]

 ■監督休養「言葉で言い表せないくらい、つらい」

 延長にもつれ込んだ試合を決めたのは、不振にもがいていた中日の4番・ビシエドの一振りだった。同点の十回2死二塁。ビシエドは、外野手が前進しているのを確認して、変化球をバットの芯でとらえた。飛球は左越えの適時打。「結果が出て良かった」と胸をなで下ろした…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも