[PR]

 原爆が投下されてから71年となった9日の長崎市では、各地で多くの人が犠牲者を悼んで手を合わせ、平和を祈った。平和祈念式典では、田上(たうえ)富久市長が平和宣言で、核廃絶に向けて「人類の未来のために英知の結集を」と呼びかけ、被爆者の平均年齢が80歳を超える中、若い世代に向けて継承の大切さも訴えた。▼…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも