[PR]

 核のボタンに手を置いた。このまま力を加えれば、どうなるか。「人間を見もせずに、殺すということなのかな」

 8月初旬、都内の高校3年の平田純也さん(18)はSF劇「ヒカリの王国ZERO」の稽古に励んでいた。舞台は、戦火に見舞われた架空の惑星だ。平和を願って奔走するが、核で応戦するか否かの選択を迫られ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも