[PR]

 暑い盛りなので、三部制のそれぞれが若手を中心に、肩の凝らない新作と、古典を組み合わせてある。いったい両者を通じて歌舞伎の魅力とは何か。

 第一部。岡本綺堂の大正時代の新歌舞伎「権三と助十」は、江戸の長屋を舞台にするミステリーである。粗暴だが人のいい権三(獅童)。勇み肌で亭主思いの女房(七之助)。大…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも