[PR]

 71年前に終わった戦争は詩人たちにも深い傷を残しました。親友の死や兵役の記憶、敗戦によって覆された世界観。終戦後も続く残酷な時間を生きながら、彼らがつむいだ言葉は今も読む者の心臓をわしづかみにします。

 「なぜ親友は死んでしまい、なぜ自分は生き残ったのか。生と死に真摯(しんし)に向き合った言葉の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも