[PR]

 「新内閣、波乱の発足/福田陣営、入閣を断る/“論功行賞人事”と反発」

 1972年7月7日付朝日新聞夕刊は、第1次田中内閣の発足をそう伝えた。総裁選で共闘した大平正芳は外相、三木武夫は無任所相、中曽根康弘(98)は通産相に。一方、福田赳夫は入閣を断り、同派閥に割り振られた郵政、経企の両ポストは、1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも