[PR]

 江戸の文献には意外と数値データがたくさんあったらしい。それを丹念に調べ、表やグラフにして分析する。最新のゲーム理論も駆使して原因や動機を探ってみる。するとまったく新しい歴史解釈が生まれてくることがある。

 本紙be連載「商魂の歴史学」でおなじみの山室恭子東京工業大教授の手法は、私のような経済記者に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも