[PR]

 ドイツ南部ミュンヘンで9人が犠牲になった銃乱射事件から22日で1カ月。メルケル首相は事件後の会見で、自殺した容疑者の男(18)について「右翼思想の持ち主だった可能性がある」との見方を示したが、はっきりとした動機は明らかになっていない。

 犠牲者の多くはトルコ系などの外国系だった。男は犯行の際、トル…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら